FC2ブログ
AXIS PICTURES
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

淫乱なキメ交尾2

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: やまと

 奴に種付けされ、放心状態の俺だったが、かなり淫乱交尾だったんで、満足してると、奴が『まだ終わってないぜ』と言ったかと思うと奴はケツマンからデカマラ抜く様子もなく、ゆっくりまた腰を動かし始めた。マンコの中で、奴のキメ種がローションと混じり合ってクチュクチュ卑猥な音を立てながら泡立ってい 奴に種付けされ、放心状態の俺だったが、かなり淫乱交尾だったんで、満足してると、奴が『まだ終わってないぜ』と言ったかと思うと奴はケツマンからデカマラ抜く様子もなく、ゆっくりまた腰を動かし始めた。マンコの中で、奴のキメ種がローションと混じり合ってクチュクチュ卑猥な音を立てながら泡立っている。
奴は腰を動かしながら一人(A)のマラをしゃぶりだした。奴ほどではないがこいつもかなりのデカマラだ!
Aもかなりキマッてるから、奴がしゃぶりだすとマラはビンビン。Aのマラが完全勃起したところで奴はデカマラをゆっくり引き抜き、代わりにAのマラが俺のキメマンに一気に押し込まれた。奴のよりでかくないが、奴よりうわ反りで前立腺にもろ直撃させるという絶妙な腰使いだ!前立腺の刺激がまたたまらなくって、俺のリングマラはピクツクのを繰り返し、さきっちょからだらだら透明な先走りが溢れ出す。Aは、『さきっちょから変態汁流しやがって、かわいいやつだな。』と、前立腺の刺激を続けた。
 奴は俺のマンコに種付けしたデカマラを俺の口元に持ってきて、『綺麗にしろよ!後でまた楽しませてやるからな。』といい、俺はペロペロ舌で舐めたり、唇で挟んで音を立てたりする。
そんなエロい音を立てて舐めていたら、Aは自分で乳首摘みながら、キメマンのなかで硬さが増していく。
今度はもう一人(B)が奴と交代に俺の口にマラを押し込んだ。始めはフニャフニャだったBのマラは俺の口の中でムクムクでかくなってきた。Bのマラはすげー雁がでかくて太く、長くないが圧迫感を感じるくらい口の中がいっぱいになる。
AとBに上下の口を同時に責められながら入れ代わりでケツマンつかれた。Bのフトマラは一番雁がでかく太いからキメマンでもやばいかとおもったが、雁がキメマンに吸い付かれるようにスポッと入った。そのあとはもうキメマンをガンガンについてもらった。奴の時とは違い、フトマラを入れたり抜いたりする時、すげーやばかった…
入れるときはすっと入るけど、雁がすげー張ってるもんだから、雁だけでケツマンの入口を前後して、キメマン責めてきやがる!そのたびに俺のキメマンは、緩んだり、締まったりを繰り返すが、Bの動きが不規則すぎて、キメマンがずっと感じっぱなしで、なにがなんだかわけわかんなくなった。Aの前立腺刺激とBの雁責めを交互にやられ、R爆吸で頭ん中真っ白になって一時間くらい繰り返したかな?Bが『そろそろいくけど、どうしたい?』と聞いてきたんで、『キメマンの奥に種欲しいです。』と懇願する。雁高のフトマラを早いストロークでズポッズポッと音立てながら、今までにないくらい奥まで突き刺され、ハァ、うっと俺も声あげ、Bは無言だが上を向きながら雁がキメマンの中でひとまわりでかくなったのがわかったと同時に熱いキメ種流し込まれた。
  Bはそのまま勢いよくギンギンのフトマラをマンコから抜きだし、俺の口の中に押し込んだ。口の中でまだギンギンのフトマラは再度脈打ったかと思うと、尿道から出し切ってない種汁がピュッと出てきた。口の中は種汁で少し湿らされ、俺の唾とともに胃の中へ。Bはシャワーを浴びに行くといい、大部屋からいなくなった。
  Bがフトマラをマンコから抜くとAはすかさず、俺のキメマンにデカマラ突っ込んできた。騎乗位にされ、相変わらずの前立腺責めで、俺のリングマラからは汁がポタポタ…
 奴が俺の目の前にデカマラを持ってきて、しゃふらせる。俺はしゃぶりながらもAに下から突きあげられる。奴に左手でわしづかみにされ口マン状態だったため、奴の陰毛と腹で目を覆われ目隠し同然に…
しゃぶってる間、俺は二人の乳首を責めていたが、奴は右手で、Aは両手で俺の乳首を責めたてる。
目隠し同然の俺はいつ乳首が触られるかわからない。そんな状況をいいことに、二人は俺の乳首をゆっくり優しく指先でつついたり、激しく動かしたりしたり…今度は強くつままれたかと思えば指で弾くようにつまんだ乳首から手を離す。また、こんな触り方もあったかな…それは、周りから責めるやつ。乳首に触るまで時間かけて乳首のまわりを指でなで、乳首触ったかと思うとすぐにまた乳首のまわりを触られるっていうじらし技…
  目隠し状態で、こんな風に乳首をエロくせめらたら、キメたことあるやつなら乳首たまんねぇ、やべーって思うよな!俺も連呼するぐらい口にしたいけど、奴のデカマラで口をふさがれてたから、自然に体がビクンビクンと反応しまくる。もちろんだけど、リングマラも変態汁ながしっぱなしだ。
  奴は俺の口マンからデカマラを外し、俺はようやく解放された…かと思った瞬間、奴は俺の鼻にRの小瓶を左、右と交互にたっぷり吸わせ、さらにティッシュにRを染み込ませようとしたが手が滑ってしまい、ティッシュがかなり湿った状態になったが、構わず俺の口の中に押し込みやがった!
R爆吸しただけでもかなりヘロヘロになったのに、かなり湿ったティッシュが口の中にあるもんだから、ぶっとんじまった。心臓バクバク、ケツも熱くて、ただでさえガンギマリなトロマンがさらに緩んでユルマンに…
  Aが下から突き上げるのをやめ、じっとしていると、奴の指がキメマンに入ってきた。ユルマンになってしまった俺のマンコはすんなり奴の指を飲み込む。次の瞬間、奴はキメマンにデカマラ突っ込みはじめた…
Rでぶっ飛んでる俺は痛みも感じず、ケツマンの中で二本のデカマラが窮屈そうにゆっくりめり込めんでいくのがわかる。俺は、『うわーっ、はーっ』と声にならないうめき声をあげると、奴が『おまえ、こんなデカマラ二本くわえこみやがって、相当使いこんでんだろ!すげーエロいマンコだぜ!』と耳元で囁いた。奴とAが同時に動かすもんだからマンコの壁のあちこちにあたりまくり、また新しい快感を味わった。でもしばらく掘られてると抜けちまう。体位を変え、今度は三連結。三人ともリバなんで奴はAのケツにデカマラを突き刺した。奴が腰を動かす度にAのデカマラはビクンビクンと波打ち、俺はそれに合わせてキメマンをきゅっとしめる。やられっぱなしだった俺は奴と交代し、Aのケツマン掘ってやった。奴のデカマラで十分広がったケツマンは俺のリングマラをすっぽり飲み込んだ。Aのマンコもかなりの代物で、Aからずっと前立腺を責められてたせいか、すぐにいきそうになる。
 そんな状態の俺に奴はキメマンにデカマラ突き刺したもんだから、奴がガン掘りし始めたとたん、我慢できずに『い、いくぅ…』とAのケツマンに種付けしてしまった。
そんなのお構い無しと、奴はそのまま俺を責め続け、奴も限界きたみたいで、『また種付けてやるからな!種付け終わったらすぐに抜いてやるから、たらさねぇようにそのままAの上にまたがって、種ツボにしてもらえっ!』と。
奴は『おらっ、いくぞっうっ、うっ、あー』とキメマンに種付け終わると奴は命令したように俺のマンコからデカマラを引っこ抜いた。種付けされた余韻に浸る間もなく、俺はAのケツマンからリングマラを抜き、Aのデカマラにまたがる。種付けられたばかりなのと、三回分の種でキメマンはローションいらずで、Aがパンパン音を立て、俺も負けじと自分で腰を動かす。奴は後ろからまた俺にRを吸わせちょっとヘロってるとAは俺のケツ持ち上げながら下からお得意の前立腺責めを、奴は俺の乳首を触ったりなめたりしてくる。また激しく責めたてられ、さっき種付けしたばかりの俺のリングマラはまたビンビンになり、さきっちょから先走りが出はじめた。二人からの激しく責められ、今まで垂らしてた先走りとは違い、白い雄汁が出てきた。次の瞬間、Aのデカマラが前立腺を責め始めると同時に大量のキメ種が勢いよくリングマラから飛び出しトコロテンしてしまった。Aはにやっと笑うと、『やっべぇ、イキそうっ!』と言いながら、すげー早さで前立腺にデカマラ押し付け最後は奥に種付け
してくれた。Aのデカマラが引き抜かれあわあわになってるのを口で綺麗にし、Aは去っていった。
奴と二人になった俺は奴とまたやる約束をし、メアド交換し、奴も大部屋から姿を消した。
俺はヘロヘロだったがまだまだ俺の淫乱な気分はおさまらない。
この続きはまた時間できたら載せようと思う。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

淫乱なキメ交尾①

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: やまと

しばらくキメてなかったんで、自宅でケツマン綺麗にし、勃起薬飲んで急いで某発展場へ向かう。
 入店したが金曜の昼間だったせいもあり、ロッカーは3つしか使われてない…せっかく来たからとりあえずトイレで↑準備して、浮き出た左腕の膨らみに針を刺し、液体を注入する。入れ終わる前から心臓バクバク、全身鳥肌が立つ。勃起薬も飲んでたから、マラも
ギンギンにはちきれんばかりに…リング3連でよけいにエロいチンポになった。
  トイレから出ると、誰かがシャワーを浴びていたので、シャワー室前でタバコ吸いながら乳首をいじると声が自然と漏れる。乳首触る度に全身鳥肌が立つのはもちろんだけど、マラもビクんっビクんっと脈打ち、ケツマンもヒクヒク…
我慢できずにマンコにオイルたらして指でマンズリ始めちまった。
そのうちシャワーの音が消え、誰かが出てくる前に何もなかったかのようにタバコをまた吸いはじめた。出てきた奴はリバで、ガッチリ筋肉質。勃起してない状態でもだらんと重量感のある奴のズルムケデカマラにくぎづけになる。
 そんな平静を装ってもガンギマリの俺は、左手はギンギンになったチンコを隠すように握り、タバコをもつ右手が自然に左の乳首をいじり出した。そのたびに聞こえないように声は殺すが、体は正直で、全身ビクんっと波打ち、チンポもビンビン…
  シャワーからでてきた奴もさすがにそんな俺に気づき、体を拭きながらちらちらこちらを見ている。タバコを吸い終わり、眼を閉じたふりをしながらそのままベンチで座り、腕組みしながらこっそり左の乳首を触っていると、奴が恐る恐る右手の乳首に手をのばしてきた。自分で触るのと、人に触らるのとじゃ、気持ちよさが比べもんになんねぇくらい違い、鳥肌の立ち具合も全然違う。
 奴に乳首触られ続け、耳元で『すげーキメ乳首だな!俺もキメてるけど切れてきたから追加してくる。待ってろ。』と言われ、俺は頷く。
 追加しに奴はトイレに入り出てくると瞳孔開いて鬼の形相でガンギマリなのがわかる。不意に股間に目をやると、20cmくらいの超デカマラがビンビンになってる。
そのまま大部屋に移動し、まずはお互いの乳首を指で触り合い、舐めまわす。奴もかなりキマッててるから、全身舐め回すと『すげー、やべぇー』と繰り返し口にする。俺が全身舐め回してる間も奴は俺の乳首や首筋、背中を指で撫で回してくれ、俺もすげーと連呼。
 一通り全身舐めまわし、今度は奴が俺を責めはじめる。荒々しくピチャピチャと音を立てながら舐められてるとマラもビンビンに。ビンビンになった俺のリングマラをクチュクチュとむさぼり、そのまま何も言わずに奴は自分のケツマンにすっぽりとくわえ込んだ。騎乗位の格好で奴は俺の乳首をさわり、触るたびにピクつく俺のリングマラに反応するかのように、奴のケツマンがクイックイッとしまる。それがすげー気持ちよくって、奴の乳首をさわるとケツマンの中がさっきよりも、別の生き物のように俺のマラに吸い付きまくる。ヤベーと思いながらも、俺も負けじと奴が自分で腰を下に下ろしてくるのに合わせて、腰を上げると奴は『奥まで当たる、すげー。キメ最高、やべー。』、『もっとガンガンつきまくって』と。
奴は自分で乳首触りだし、ケツマンを下からつかれるたびに奴のデカマラはビクつき、先っちょから透明な液体を垂らしてた。やべーいきそうと自分で動かす腰の動きが早くなったかと思うと、奴のデカマラから大量の精液が俺の腹に向かって発射され、顔にまでかかった。腹の上が大量の精液まみれになり、奴は手で俺の乳首にぬりたくり、俺の口の中に指ごと入れてきた。そんな変態っぼい行為にまた興奮。奴を正常位にしてつきまくると、また奴のマンコが淫乱にうねりだす。たまらず俺はそのまま奴の熱いマンコの奥に種付けした。
俺もリバなんで、ケツマンに生マラ欲しくて奴のデカマラにしゃぶりつく。お互いまだガンギマリ状態なんで、リングマラも奴のデカマラもビンビン!やっぱりかなりのデカマラだ。喉まで入れられるがまだ入りきらない…グホッと何度かか口から離そうとするが、頭をわしづかみにされ、同時に乳首責めてくるもんだから、苦しいけどやべーくらいに気持ちいい。俺にデカマラしゃぶらせながら、奴は俺のケツマンをいじりだした。いきなり3本突っ込まれたが、キメマンなんで難無く入り、出し入れされる。奴は自分のケツマンから、さっき俺が種付けした精液を捻り出し俺のケツマンの中に指で押し入れた。四つん這い状態にされ、奴は5本の指でほぐしてくれた。なんか指より小さいものが入ってきたが、すぐに抜かれたんで特に気にせず10分くらいケツいじられてると、さっきよりケツマンの中が熱くなり始め、俺は自分で奴の指に向かって腰を動かしていた。奴は、『効いてきたみたいだなっ』と言って俺の鼻にRの小瓶を押し付け、半ば強引に爆吸させられた。へろへろになって動けなく
なったのを確認したかのように、奴は大部屋から姿を消した。
と、そんなに時間は経ってないと思うが、奴は戻ってきた。まだ思うように体が動かない俺はうつぶせのまま寝転んだ状態だ。奴は『どうした?ケツマンの中、熱くとろっとろにしちゃって!デカマラ欲しいんだろ?俺らも今追加してきたからたっぷり楽しませてもらうぜ!』と俺を仰向けにしたかと思うと奴はデカマラをそのまま口の中に押し込んできた。
奴は両手で俺の頭をつかんでいたのに、乳首にヒヤッと冷たさを感じたかと思うと、誰かが俺の乳首を指で刺激しだした。ローションだ、と思いつつも乳首を刺激される度に全身がヒクヒクするし、リングマラもビンビンに。
奴は『どうした?感じちゃって!俺らのデカマラでおまえのキメマン種まみれにしてやるよ!!』と足元のぞくと、奴のほかに二人いることに気づいた。こういう状況は初めてだったので、不安と期待が入り混じった変な感じだった。
『さっきケツマンに↑入れたカプセル追加してやったから、しっかり俺らを満足させろよ!キメマンにキメ種たっぷりやるからな!』と言い放つと奴はRを染み込ませたティッシュを口の中にねじこんだ。

頭側で奴は俺の両足を持ち上げ、ケツマン丸見え状態にしながら、一人に乳首いじらせ、もうひとりにケツマン舐めさせた。もう俺は全身感じまくりな上に、いろんな方向から感じたことのない快感に悶えながら、いろんな体位で舐め回され、やっと、念願の奴のデカマラが俺のキメマンに…と思ったが、奴はじらすように『キメマンに何が欲しいの?言ってみろ!』と割れ目の入口にデカマラ擦り付けながら言ってきた。俺はその言葉に従順に『兄貴のデカマラ俺のキメマンに入れてください』と、今更なんで恥ずかしげもなく言うと、デカマラが俺のキメマンに一気に奥まで到達した。奴は『まだ入りきってないぞ。力抜け!』とケツマン緩めるとさらに奥に押し込まれるのがわかる。俺は一人に頭側から乳首舐められ、もうひとりはやつの乳首をいじったりなめたりするもんだから、奴のデカマラが俺の中でビクンビクンと脈打ち、奴のデカマラに反応して俺のキメマンも収縮を繰り返す。奴は一気にデカマラを入口のギリギリのところまで引いたり、引いたかと思うとまた容赦なく奥まで突っ
込んでくる。その後、ケツマンから引き抜き、ローション追加するが、トロトロになってる俺のキメマン見て、『すげー!パックリ口開けて、ガバガバになってんなぁ~!この変態マンコ!』と、デカマラ押し込んだ。
奴は『次は何して欲しいんだ?言わないとデカマラ入ってるだけだぞ!』と俺に視線を向けるので、『兄貴のデカマラで俺のキメマンの中に種付けて欲しいです!』と、奴は『よし、濃いのたっぷり種付けしてやるよ!』と、Rの小瓶を俺の鼻に押し付け、奴も自分で吸い、さっきにもまして腰を激しく動かした。奴は『そろそろいくぞ!おらっ』といいながら、うっと声も漏らし、俺のキメマンの中のデカマラが激しく脈打ったかと思ったら、奴の熱い種汁が注がれた。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

巨根ヤリドモ再会

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: 174*82*42

最近駅近くのハッテン場がお気に入り。
ずいぶん前だけど、25~35くらいのヤツとガッツリやった。
最初はケツ舐めも拒否、フェラも拒否。なめたヤツだった。
それでもムリヤリにしてたら自分から腰を振り出した。
ヤツは「ゴム着けて…」なんてのたまわる。今度は俺が拒否する。まだ時間が早めだからか人が少ない。そいつは諦めて「生で入れてください!」って悔しそうに言ってきた。
返事代わりにケツを一発叩き挿入する。よっぽど慣れてるらしくローションなしでズッポリ奥まで入る。これが気持ちいい。4・5日溜まってたから2~30分くらい掘って種付け。ギャラリーがいたからそいつも入れさせて。
とりあえず2人が満足したからタオルで拘束しミックスに放置。戻ってみると新しい客が3人ほどで凌辱してた。
そのあとカラダ中種汁のままスーツに着替えさせ外に連れ出し2発目を。
ムリヤリ携帯番号とメアドを聞き出し俺のオモチャになると決まる。
これからもっと淫乱に育てないとな!!

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

発展場で廻されぶっ飛びキメ乱交

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: 生種が好き!

いつも週末に発展場三昧してくるが、たまには気分転換も兼ねて金曜日の夜に行ってきたが驚いたのはポジションに関係なく土曜日に比べガンギマリが殆んどで乱交状態で癖になりそう。仕事を早めに終えて、一旦帰宅してケツ処理とシャワーをしていつもと同じく濃いのを準備して向かう。
入るなりウケの声やパンパンとガン掘りの音が響いて期待大になり、ロッカーで着替えながら様子みてると殆んどの奴らがガンギマリでシャワーから出てきた奴はガチガチの黒マラを扱きながら体拭いて通路を歩きながら頭にタオル巻いて黒マラは腹に向かってガチガチギンギン。個室に先客が居て出てきたので入れ替わり即効でキメながらガツンと身体中に電気ながれ便器に座るのに立つとリング6連がキメチンでフニャチンでガマン汁が大量に出て、かたずけながらガマン汁なめ、乳首つまんでRすったら真っ黒のキメチンがみるみるギンギンで個室出るとさっきの奴が洗面所でシゴキデカマラバリタチなんで俺も乳首触りながらシゴイて横とキスして喫煙所でタバコ吸いながらもシゴキまくり、他にいた奴らもギンギンで1人外人が両手でも足りないデカマラでシゴき俺の後ろに来てケツマン触ってきたのでデカマラを一気に根本まで入れて上げたら乱交開始でウケは二人にタチ7人で2人で廻され久しぶりに出足から最高で四時間やりまくりタチは二発から五発くらい各自種付けしていなくなりウケ2人になり奴のキメチンがフニャフニャなんでシャブリ出すと気持ち良すぎで口にたっぷり種付けしてくれ、俺のキメチン見て、真っ黒でギンギンガチガチでエロいとケツマンに入れて上げるとすげぇ連発なんで乳首触らせケツマンの中で更にデカマラにしてやると奴のキメチンからだらだらザーメンが出て俺も奥にたっぷり種付けしてもガンギマリ中はガチガチギンギンなの見てもう少し個室でやりたいとタイプだったのでOkして2人でシャワー浴び、全身を洗ってくれキメチン触り早く欲しいみたい。奴も洗いキメチン洗い出すと固くなりだし恥ずかしいですよと笑いながらシゴキ出すとサイズは普通だがエロマラだったから、追加しないとお互いに仕込んだら奴のキメチンがギンギンでぶっ飛び出してしまい、俺は自分で仕込み奴がそれ見てでけぇとシャブリ出して仕込み終わると2人ぶっ飛びで奴のキメチンもギンギンなんでトイレ出て個室に入ると奴が我慢出来なくてケツマンに入れて奥を突いたら出ると大量射精した。口で掃除しながらまた出したら、俺もと俺の身体にぶっかけしてくれてもまだギンギン何でケツ掘らせてみたら、ヤバイヤバイと入れながら種付け。結局俺に三発種付けして、キメチンでこんなの始めだしケツ掘りも最高ですと喜んでしばらく2人で個室で話ながらも俺のキメチン触り仕込み最中もデカクてすごいですよと誉められタイプだからアドレス交換して仕込みかたを教えながら追加してもギンギンになったので喜びながら暗闇に消えて行った。時計みたら朝方になっていたのでシャワー浴びて出てきたら2人客が入ってきた。体拭きながら様子見てると手早く脱いで俺に1人がきずいて2人で話ながら俺の方にすでにギンギンのを見せてきた。シャワー浴びてる間に追加仕込んで2人に負けてないくらいにギンギンガチガチにしてウケドラも仕込んでRも思いきり吸いトイレ出ると2人が入れ替わりに入り俺はヘロヘロでソファーに座り隣のタチ2人が手を出してきたが2人がガンギマリでトイレから出て来たので近寄ると2人とも真っ黒に日焼けしデカマラにリング重連でどす黒いのをしごいて個室に連れて行かれた。入ると三人でシャブリ始めウケがすげぇと2人同時にシャブリ出すとケツに1人の入れたらトロマンで熱いぜとガン掘りして種付けすると入れ替わりにもう1人もすぐに種付けして2人して俺にぶっかけして個室出て行った。2人のを塗りながらシゴイでると隣の個室の穴から覗いたんで見せつけながらしごいて出る寸前に穴に入れて口に種付けした。個室を出ると隣の奴も出てきたので見ると背の高いスリムのイケメンが出てきて体に比例した平常時でもかなりだ。玉もデカクパンパンに張っていてリングを五個がまたエロい。よく見ると奴はタチの位置にマークを着けていた。トイレに入ったので追って入り横に並んでションベンすると奴は先に終わり俺の見ながらシゴイている。さっき旨かったよ。キメチンですげぇよなと言われ、奴の見るとやっぱりデカマラだ。2人でトイレでズリ見せて射精した。追加して盛りたいと言ったらもう無いんだと言われたので俺の分けて話がまとまり、彼が普段よりも内緒で量をかなり増やしてみた。仕込み出すとヤバイぜ今回はと目つきが変わり終わると見て見ろよと見事にギンギンでガチガチに青筋が浮き出て赤黒光りして亀頭もでかくガマン汁が出てる。俺も同じ量仕込み出すと、やっぱり多かったらしく奴が見てる前でギンギンになりガチガチで終わる事には更にデカクなり汁が止まらず奴の体に垂れ流しで、お前すげぇエロくていいぜとかたずけしながらR吸いながら2人で個室でぶっ飛び状態でエロく盛ろうぜと洗面所で鏡に写しながらシゴキ会いでお互いのを飲みながらしごいてぶっかけでエロエロで盛ってると人が来たのでやめると入ってきた奴は個室に入り覗くと仕込んでキメてたので2人でデカマラを見せつけてると個室からガンギマリで極太の若い奴が乳首いじりながら出てきてかなりキメてるらしく玉袋から真っ黒でリング3個で玉が痛そうなくらいにでかい。根本に五連して片手で持ちきれない太いさで雁高でガチガチになり乳首さわるたびにガチガチになってる。2人で責めると出ると言った途端に亀頭が膨らむすげぇ量の種出しながらシゴいてると二発目は俺達にぶっかけて2人とも種まみれになるくらい量がおおい。三人で盛る事になり奴も飛ばす事になり三人で追加するとトイレで盛り始めたが部屋に移動しながら通路でもキスやらシゴイたりと大部屋に入るとシャブリやらケツマンに入れ替わりガン掘りで2人で俺を責めまくり雄声出しながら2人に種まみれにしてもらい最後に二本入れて種付けされながらトコロテンしたら三人ともガチガチのままで、散々楽しんだ後ギャラリーの中でタイプだけいれて乱交してウケの奴を囲みぶっかけたら意外にデカマラなんで跨いで根本まで入れたら気持ちいいとガンガンに突いてくる種付けも始めてらしく抜いてもまだ種が出てるんでシャブるとまだギンギンで種付けしてもらい、タチ連中は見ながら盛りあい種出しまくりで全員種だらけになりウケの奴に種付けして打ち止めにした。
ウケの奴と駅まで一緒に帰り人気のないところでシャツ上げて奴に見せたら、ヤバイですよと奴もジーパンかパンパンになってる。
へその上までギンギンのデカマラなんで駅に向かいながら奴が手を入れてすげぇですねと話ながら駅で別れた。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

ノンケ売り専ボーイ

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: 雄大

この間個室ありの売り専で買ったボーイ君はノンケでその日入りたてとのこと。ノンケに興味がないが顔だけみると肉体労働系のデカマラヤンキー系。顔はモロタイプだ。ノンケで初めてといのに一抹の不安があったが他にタイプもいなかったのでその子に決めた。部屋に入るとかなり緊張してる様子。少し会話をして緊張をほぐしてあげてシャワーを浴びる。シャワー中体に当たるモノを感じるとノンケ君はデカマラビンにさせていた。 それを見て俺もビンビンになってしまう。先にシャワーを出て待っていると明らかにまだタオルから分かるデカマラはビンビンの様子だ。本当にノンケなのか?ノンケ君はぎこちなく奉仕してくれる間もビンビンのままだ。そこが可愛いかったんで攻守交代して責めてあげた。女より気持ち良いって本気で感じて悶えてる様子。口マン気持ち良いのか何回もいきそうになる。最後はもういかせてとお願いされたんで口の中にノンケ君は性子を一杯だした。俺は当然飲んだ。しばらく方針状態だったが仕事だと思い出したみたいで又全身なめてくれた。気が付くと若いのかノンケ君は又ビンビンだ。ノンケ君にケツを指で解してもらう。女のを扱うように激しい。そろそろ解れたのでノンケ君を寝かせオイルをデカマラに垂らす。自分のケツにも仕込みそのまま騎上位でデカマラをケツに入れた。かなり気持ち良い。ノンケも気持ち良いらしく男とのHはまりそうとか言っていた。いきそうになると止まり、体位を変えて正上位でノンケの腰使いで女とは勝手が違うのか何度も抜けてしまうがノンケ君のデカマラは萎えることを知らないので又すぐぶち混んでくる。最後は取りつかれたように激しく腰をふり種付けしてくれた。俺も種付けと同時にトコロテンしてしまった。ノンケにトコロテンさせられるとは思わなかったが気持ち良かった。種付けした後生でやってたことに気が付いた様子だ。ノンケらしく女と違って妊娠関係無いから意外とあっけらんとしていた。お客さんが初めてのお客さんで良かったと言って帰っていった。本当に彼はノンケだったのか?分からないが最後までキスだけはしてくれなかった。ちなみにすぐ店辞めたみたいだからやっぱりノンケだったのかな

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

舎人公園で

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: 大輔

発展場めぐりが共通の趣味である知人と、足立区の舎人公園へ行った
自分がガテン系と交尾したいとかねてから言ってたので、前日に色々調べて車出して貰い、ガテン系が多そうとの理由で舎人公園にした
夜中1時で舎人ライナーの最終が行ったくらいに園内を闊歩して奥の身障者トイレへ入った
トイレ前でタンクトップでつるっ禿の親父がタバコ吸いながら電話してたが、知人と二人でかまわず個室に入って、あらかじめキレイにしたケツをオイルでほぐし、自分は全裸になりPを打って貰った
知人は自分の服を持ってドアを半開きにして車に戻って行った
便器にへたりヘラヘラと敏感になった自分を覗きに、さっきのつるっ禿親父が来た
にやついて乳首つねって来て思わずあえいだら、チンポ出して来たんで喜んでくわえた
だんだんデカくなって来てケツに欲しくなったんで、チンポから口離してつるっ禿親父を見上げ口を半開きにして足広げたら、唾でチンポぬらしケツに勢いよくハメて来た
思わず声が出てつるっ禿親父に抱きついて、キスして唾飲んだりした
そしたら、つるっ禿親父の電話がなり個室から出て行った
ファックされてたままの格好で呆然としてたら、パンチパーマで作業服着た親父が入って来て、便器の上に正座する感じにされ後ろから生マラぶち込まれた
パンチパーマ親父に固め技されながらズコズコ掘られて、一方的にイクイク言われて種付けされた
元の足広げた格好にされて顔に唾はいて、笑いながらドアを完全に解放して出て行ったが力が入らないので、危険ながら呆然としてたらプロレスラーみたいな髭親父が入って来て、これまたいきなりチンポぶち込まれた
力任せに突く髭親父を見つめるしかなく無言で涙目になってたら、つるっ禿親父がリーゼントの太め親父をつれて戻って来た
髭親父は焦るようでもなく、ヘラヘラ笑うつるっ禿親父と太め親父を横目に平然と自分を掘り、温泉につかるような声をあげて種付けした
髭親父と名残惜しむようにキスをして髭親父が個室から出て行ったら、つるっ禿親父が個室の鍵を閉めてさっきの続きだと言いながら、ハメて来た
太め親父が近寄って来て、下着はずしたら真珠がぼこぼこ入ってて、思わず感激してしまった
つるっ禿親父に掘られながら太め親父の真珠ぼこぼこをくわえて、二人から唾かけられながら親父らが逆になった
つるっ禿親父が今までケツにハメてた、パンチパーマ親父と髭親父の種つきチンポをくわえて、太め親父の真珠ぼこぼこに掘られた
10個以上入っててこすれる度に気持ち良くてケツ閉めたら限界らしく、けっこう強く突いて種付けした
太め親父が真珠ぼこぼこを抜いたら、つるっ禿親父が驚いたので見たら、真珠ぼこぼこが血まみれで自分のケツも血だらけ
太め親父が自分に謝って先に個室から出て行ったら、つるっ禿親父がおかまいなしにハメて来た
血の匂いがしてたが、ゆっくり掘ってくれてキスしながら種付けしてくれた
最後にケツをふいて、つるっ禿親父も個室から出て行った
少しだけ呆然として、全裸で個室を出たら一緒に来た知人がガッチビな高校生みたいなヤツを小便器の所で掘ってた
それ見てたら、知人はガッチビに種付けして自分を個室に戻して車から自分の服を持って来て、自分は服を着て個室を出た
小便器の所でガッチビと少し話をして、知人の車へ戻ったらトラックが前に止まってて、さっきのパンチパーマ親父がガッチビを呼んでた
ガッチビはパンチパーマ親父の助手との事で、舎人公園はよく来るそうな
車に戻り自分と知人は帰ったけど、途中の荒川土手際の公衆便所で再びムラムラした知人にケツ掘られて、種付けされてしまった
これほど充実してやれるなら、次回は一人で来ようと思った

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

知らない知り合い

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: 種マン

僕には変わった『知り合い(セフレ)』が居る。

知り合いと言っても知ってるのはサブアドだけ。
顔も体も名前も知らない。
知り合ったのは2月のある日。

その日は一人家で大量の酒を呑み、ぐでんぐでんで寝た。

なんか『気持ち良い』と、うっすら起きたら真っ暗だった。

目隠しをされてたらしい。両手も後ろに縛られていた。

ちょっと怖かったので身を委ねた。

アナルをぐちゅぐちゅにしてた。
お酒とは違うグルグル感が有り
『うっ…』と声を漏らしてしまった。
起きたのに気付かれたけど『効いてきた?』って聞いてきたので小さく頷いた。
何やらゴソゴソしたかと思うと小瓶を鼻に当ててきた。

抵抗する気も無いけど、出来ない位力が入らなくなり、アナルに何かが入ってくる。

バイブだった。

ゆっくり出し入れされてる。
『キツさ』はなかったからすぐに次の玩具が登場。

ちょっとキツイ。
『痛いから断るとどうなるのか』とか色々考える。


けど意外に入る。

前立腺めがけて弄ってくる。
エズきながら潮か小便が出る。

『知り合い』は興奮した様に激しく玩ぶ。


辺りがビショビショになった頃、張型が抜かれ指でアナルを弄ったかと思うとすぐどこかに行った。

多分追加したのだと思う。

タバコを吸ったり何かを飲んだりしてる様子。

口にグラスを持って来た。
さっき飲んでた酒だった。
どうでも良くなり飲む。

小瓶を嗅がされる。
さっきより脱力。

またアナルに何かを押し当ててる。

かなり太そうだった。

けどドラとラと酒で痛さはほとんど無いけど、多分入れた事の無い太さの張型。
ふにゃふにゃのチンポをさわりだした。
『力抜け…』と命令され

大きく呼吸する。

「ズブッ」って感じとケツに軽い痛さと窮屈さを感じ体を起こす。

待ってた様に小瓶を吸わされる。

亀頭を刺激しながら差し込んでくる。さっき(追加?前)より更に太い。

『切ないか?』『エロいマンコだ…。』『うゎ~…』と、かなり興奮してるのに釣られて僕も興奮してくる。

張型を出し入れされると腸壁が熱い。

寸止めを散々されながら潮もかなり吹きグッタリ。

いきなり張型を抜かれたら張型より細いのが入ってきた。

気持ち良いので手で探ったら『知り合い』のチンポだった。

耳元で『トロットロやなぁ…。生チンは気持ち良いか?』と聞かれ素直に気持ち良いです。と答えた。

コンドームはしてなかった。

ラを僕に吸わせて自分で吸ってる。
僕は、それに興奮する。

部屋中にぐちゃぐちゃと卑猥な音が響く。

途中、何回かパシャっというシャッター音があった。
どれくらい突かれたのか、ケツはユルユルになってるようだった。

知り合いは小瓶を吸ってる。

僕にも持ってくるけど、さっきまでと違って手をどけない。

ぶっ飛んでるけど脱力。

気分は玩具になった感じ。
間もなくピストンが早くなり、大声であえぎながらケツの中でビクビクしてる。
種もらってしまい脱力も耐えず。

そうするうちに後ろ手の拘束だけとり、さっさと帰って行った。

そのまま寝てしまい昼頃起きると何通かメールが来ていて嵌め画像が添付されていた。

後片付けが大変だったのは言うまでもも無い。


今では毎週決まった時間に来て玩具にされるけど、未だにサブアド意外に何も知らない。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

専用便器

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: takayui

自分は168:64:33のウケ。掲示板で偉い立場の年上の人募集(もちろんセーフで)と出したら「173;75;53;19セーフでがっつり掘りたい、とメールが来た。携帯番号が書いていたので早速連絡してみた。電話の声はリアルに偉い感じがする声だったので、会うことにした。待ち合わせ場所に行き合流して相手の車で相手の家に向かった。車の中で相手の人(圭吾さん)の立場を聞いたら、かなりの偉い立場の人だった。
圭吾さんの家に着き寝室に行った。薄暗い明かりの中ベットに腰掛けた圭吾さんは「全部脱げ」そう言ってタバコを吸い始めた。自分はケツ割れだけを残して全部脱ぐと、「全部脱げって言ったろ」そう言われて腹を殴られた。慌ててケツ割れも脱ぐと圭吾さんは自分を後ろ向きにして「ケツの穴自分で開いて見せてみろ」そう言ってチンポを蹴り上げた。自分は怖くて言うことを聞くしかなかったが、チンポは痛いくらいに硬くなっていた。圭吾さんの言うとおりにケツを見せると「随分毛深いマンコだなぁ」と触れてきた。クチュクチュと音を立てて舐められながら、ローションの付いた指で少しづつほぐされていく。1本、2本、3本。自分はもう立っている事がやっとだった。「しばらくこれ入れてケツ穴広げとけ」と針方を入れてきた。自分のチンポからは大量の先走りが出て床を濡らしている。圭吾さんに床に座らされ「いいと言うまで舐めろ」とスラックスからチンポを出した。すでに硬くなっているそれはかなりデカク全部を口に入れるのはとても無理だったが、頭を押さえつけられて離すことが出来なかった。何度もえづきそうになりながら10分ほどくわえつづけた。この頃になると圭吾さんのデカマラをくわえているつらさよりもケツの疼きが気になってしょうがない。やけに熱い。熱くてたまらない。自分でも気がつかないうちにケツマンコ入った張り型を動かしていた。
「どうしたタカユキ、一人でなにしてる」そう言われ「ケツ、ケツが熱いです」「どうしたいんだ」 「ほ、欲しいです」 「なにが」 「圭吾さんの」 「俺のなにが。 ちゃんと言えや」
「圭吾さんのチンポ、自分のケツマンコに欲しいです!」
「入れて欲しかったら足舐めろ」
そう言われて無我夢中で圭吾さんの足を舐めた。圭吾さんの足が自分のヨダレでビチョビチョになるくらいに。
「よし、四つんばいになってケツつきだせ」ケツに入ってた張り型を出して四つんばいになってケツを広げる。圭吾さんのチンポが当たる。少しづつ入ってくる。あまりの大きさに「痛いです」と言うが「我慢しろすぐ慣れる」そのまま全部入れられた。しばらくすると最初の痛さが少しずつ和らいでくる。それを見計らって、腰を動かし始める圭吾さん。腰をつくたびにケツの奥に当たって、女みたいに声を出しまくる。「マンコ、マンコ気持ちいいっす!圭吾さんのチンポ気持ちいいっす!」「オラオラよがれよがれ」腰の動きが更に激しくなる。一旦チンポを抜いて自分のことを仰向けにする。「どうだ気持ちいいだろ」「はい気持ちいいっす」むさぼるようにキスを交わす。何度も何度も圭吾さんの唾を飲んだ。うまくてたまらない。「今度は自分で入れてみろ」そう言われて圭吾さんのチンポを握って入れようとしたら、ゴムをしていないことに気がついた。「圭吾さんゴムは・・・」「そんなもん初めからしてねぇよ」「いや、ゴムしないとまずいっすよ」「ゴムすると気持ちよくないんだよ」ってそのまま入れてきた。「でもセーフでって」 「着けると気持ちよくねぇんだよ」腰の動きが早くなる。「どうする、やめっか、どうする」 もうどうでも良くなり圭吾さんにしがみついて「やめないでください、圭吾さんのチンポもっとください」「俺のガキ孕んでもいいんだな」快感でおかしくなってた自分は「はい、圭吾さんのガキ孕みたいっす」「オラ、出すぞ、たっぷり出すからな」そう言って圭吾さんは自分のケツの中にたっぷりと種付けをした。それとほぼ同時に生まれてはじめてのトコロテンでいっていた。いった後も圭吾さんは腰を動かし続け、「いいか、お前は俺の性処理便器なんだからな。俺の言うことはなんでも聞くんだぞ」「はい、自分は圭吾さんの性処理便器です。圭吾さんの望むことならなんでもします」そう言うと圭吾さんはチンポを入れたまま自分のケツの中に小便をした。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

最高の夜

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: デカマラ野郎

久々に満足する夜だったんで記録を残すことにした。
最近、あるド田舎に出張で行った時の事。
俺は鍛えこんでるガタイ短髪タチ野郎、
普段はゴム派だがこういうド田舎にくると、なぜか安心感があるのかついつい生でやっちまう・・
彼氏はいるが、今のところばれてねーw
その日は彼氏と電話で話をしながらノートパソコンで
ガタイのいい短髪受け野郎を探していた。
募集をかけてもなかなかいいのが引っかからず
妥協もするつもりもなかったんで
諦めかけてたとき、一通のメールが来た。ジム通いしててプロフもなかなかの野郎からだ、写メ交換してみたら、ストライクど真ん中のイケメン!ド田舎だけあって、いもくせー。そいつは普段はタチだけど、受けもできるとの事で会うことになった。
とある駐車場で待ち合わせ、さっそくラブホへ。
ホテルにつくとすぐに濃厚なべろちゅう、俺はがまんできずに奴の服をぬがせると、うっすら焼けた肌にがっちりと鍛えこんだ大胸筋、そいつはもうビンビンに立ってやがる、たまんねぇ~。
キメたことはあるかと聞くと、一度もないらしい。
ためしにやってみるか?と聞いたが断られた。こいつはやっかいだなーと思いながら、とりあえずシャワーを浴びて、本番開始。
乳首やアナルを思いっきり責めていい感じによがってきてたんで、生で入れようとしたら、ゴムつけてといいやがる・・・
おれはこっそりキメを仕込んでやった、
奴のアナルにおれのデカマラをいれると30秒でトコロテン・・・
おいおい早すぎるぜwそいつはイッってもまだまだ感じてたんで
俺はおかまいなしに掘りつづける。
最初はゴム付でがんがん掘ってたが、奴が効いてきたらしく、
ゴムを目の前で外して、そろそろ生で掘るぞオラ!と聞くと
コクンとうなずいた。かなり強めに仕込んだんで、もうなんでもありになっちまってる。こうなったらこっちのもんだ笑
そいつのマンコはトロットロですっげぇーーきもいいい!!
正上位で生でがんがん掘ってる上から「口あけろおら」というと
いっちゃってる目でうれしそうに口を大きく開きやがる、その口に大量のつばをはいてやりながら、激しく掘りまくる。
さらに腕に追加してやったら、もう奴は精子を欲しがる欲しがる・・・キスも唾液まみれになってしまくって、マンコももうぐっちょぐっちょになっちまってた。こんなガタイも顔もイケてるやつが狂った姿をみてたらみてるだけでいっちまうぜ・・・ぶっちゃけ彼氏よりも良いw
やつは何度もトコロテンしてよがる。俺も何発いったかわかんねーくれー種付けしてやった。
俺のデカマラでがんがん掘って、キメ状態でトコロテンしない奴はいないw俺は奴に5~7発けつに種付け、奴は7~9発くれートコロテンしやがった。
そいつはかなりの早漏だが回数をこなせるやつは好きだ。
こんな奴が田舎にいるのはもったいないw動画と写真をたっぷりとって俺のベストコレクションにまた追加。
ド田舎の出張はハメ外せるからたまんねー!
彼氏もイケメンで普段は男に困ってるわけじゃねーが
やっぱ浮気はたまんねーぜ。そいつと最後に濃厚なキスをしてる最中に彼氏からまた電話きたんで、会話しながらそいつにフェラさせてた、たまにそいつにキスしながら、彼氏に「愛してるよ」っていってる俺は。。。
最高の夜だった
やっぱキメガタイ野郎に生掘り種付けはやめらんねー

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-

深夜の淫乱合宿

CLUB CK DOWNLOAD
投稿者: 変態ガード

SNSで繋がったラグビー部OB兄貴とリアルすることになって西口のWホテルで深夜の淫乱合宿をした。
指定された部屋番号をノックするとドアが開き、中に入るといきなり抱き締めてくれてキスを交わした。
雄臭い顔で不精ヒゲ。ガッチリラグビー体型の優しい笑顔が迎えてくれた。
お互いチンポはもうギンギンに勃起していて兄貴のチンポは俺が履いて来て欲しいと頼んだ
ラグパンの中で窮屈そうにしていた。
すかさず兄貴の前に膝まずいてラグパンを下げ下ろすと、兄貴のチンポにしゃぶりついた。
形のいいつやつやしたいやらしいチンポですげえ美味い。
鏡にはいやらしい顔で兄貴のチンポにしゃぶりつく俺の姿が映っていた。
シャワーで練習前のケツ掃除と肛門括約筋のストレッチをしてベットの上に乗ると、
待ちきれなかったように兄貴が覆い被さってきた。
アップもそこそこで兄貴のチンポにオイルを塗ると、自分からケツたぶを開いて股がった。
仰向けになった兄貴の腰骨に手を付いてケツをふりスクワットで大腿筋のトレーニング。
気持ち良くて先走りが凄いことに。
繋がったままで抱きあってキスすると一週間溜めた種がトコロテンで溢れできた。
兄貴は俺にそれを掬って自分のチンポに塗りつけるように命じた。
俺は自分の種を兄貴のチンポに塗ってケツに導いた。
兄貴は俺が経験したことのない体位で下から、後ろから攻め立てて俺を狂わせた。
初めて味わった駅弁は兄貴のチンポで串挿しにされたように強い快感が身体を
突き抜けて、兄貴の首に抱きついて悶えるだけだった。
ベットに戻るとやっぱり好きな正常位になり、小瓶を鼻にあてがって思いきり吸い込んだ。
俺の鼓動が一気に高鳴り、すげえ淫乱な気分で満たされていく。
兄貴はいやらしく腰を振り、生チンポで俺のケツマンコを掘りまくって前立腺に当ててくる。

「ああっすげえいい」凹
「何が良いんだ?」凸「チンポ、兄貴のチンポがいいよ」凹
「どういいんだ?」凸「でけえ、兄貴のでけえチンポがいいよ」凹

「んん、いいか?じゃあどうして欲しい?」凸
「種付けしてください」凹

「聞こえねえ」兄貴はSっ気たっぷりに俺を見下ろして言った。

「兄貴の雄汁いっぱい種付けして孕ませて下さい」
俺はもう変態マンコ野郎になっていて恥ずかしい言葉を口にして欲しがった。
「よしイクぜ、種付けするからなしっかり孕めよ」凸
俺はもう兄貴の雄汁が欲しくてたまんねえ。
兄貴の乳首を攻めながら、自分でケツマンコに兄貴のチンポをこすりつけて狂った。

「イクぞ イクぞ イク、イク-!!!」凸
「ああ、欲しい。欲しー」凹

兄貴のでけえチンポがビクンと波打つのが分かった。
濃い雄が俺の中に入って来てケツマンコはいやらしくドロドロになった。
兄貴のトライは見事にキマった。
雄汁のくせえ匂いがたまんね-ガキを孕むのはいつもすげえ感じてやめられねえ。

兄貴が言ったケツマンコが俺のチンポの形になるまで掘り込んでやるよと。
俺は変態種壺野郎になり、兄貴は淫獣のように俺のケツマンコを犯した。

深夜の合宿はまだ終わらない

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト- BIGGYM DATA MARKET